FC2ブログ

2020-01-30

深く静かに準備中

2001301.jpg

はじめましての春日井市の現場です。
仁王門の新築工事を行うことになりました。
大工による刻みは秋くらいなのですが、材料はどーんと工場に鎮座しています。
鎮座しているのですが・・・ボリューム感が半端ありません。
感覚的に本堂一軒くらいの材積感があるような・・・。

2001302.jpg

それはともかく。
多治見市虎渓山の仕事を見て当社に依頼する事を決めたとの事。
最近こういった話しをよく聞くようになりました。
全くもってありがたいことです。

2020-01-19

竣工式に参加しました

2001191.jpg

豊田市の現場です。
週末に竣工式に参加しました。
現地に到着すると、屋根にうっすらと雪化粧が。
なかなか絵になる風景がお出迎えです。

2001192.jpg

それはとかく。
厳かに竣工式・開眼供養が執り行われ、謝辞・挨拶と続きました。
生業上、毎年のように行事に出席しますが、そのお寺にとって本堂の新築なんて数百年に一度のこと。
事業の道は決して平坦ではありません。
この日を迎えるまで建設委員の方々の苦労は並大抵ではなかったと思います。
若い頃はそこまで思いを巡らす心のゆとりはありませんでしたが・・・。
総代長様の笑顔と感謝の言葉に安堵したというのが本音です。


2001193.jpg

今回は棟梁も監督も20代。
この二人にも感謝。
今後の活躍が楽しみです。

2019-12-26

イメージが先行し過ぎているような・・・

1912261.jpg
1912262.jpg
1912263.jpg
1912264.jpg

名古屋市の現場です。
先日の事ですが、完成、お引渡しとなりました。
重厚感のある屋根の厚みと急勾配。
やはりお堂にみえませんが、これからこの建物で法要が行われる事でしょう。

1212265.jpg

ところ変わって、
数日前に豊田市の現場も完成、お引渡しとなりました。

1912266.jpg

こちらは極力若い力に任せて指導のみに徹するように努めました。

1912267.jpg

その分多方面に迷惑を掛けましたが、貴重な経験を積めたと思います。

・・・・・。
どちらの現場も同じですが。
というより今までの、ほとんど全ての現場では、
完成した後はいろいろな方々に感謝されます。
今のご時世、人に感謝される「お仕事」はなかなか少ないような・・・
やりがいのある生業ですが、若い担い手が減っていることをヒシヒシと実感しているのです。
やはり負のイメージが先行し過ぎている気がしてなりません。

2019-12-11

次なる現場の手始めに

1912111.jpg

はじめましての豊川市の現場です。
現場の乗り込みはずいぶん先ではありますが。
見えないところで準備を着々と進めています。

1912112.jpg

先日のことではありますが、
「イメージを掴むため」ということで
加納工匠長とトモノリ棟梁とで福井県の曹洞宗大本山永平寺に訪れました。
あまりの巨大さに圧倒されますが、今回の工事はこの規模に匹敵するのです。

1912113.jpg

それはそれとして。
堂内でなにげに見つけたこの模型。
よくよく見ると、母校と恩師の名前が書かれていました。
岐阜公園三重塔でお世話になった恩師ではありますが、昨年急逝されました。
感慨深いものがあります。

2019-12-04

ご無沙汰の虎渓山

1912041.jpg

多治見市虎渓山の現場です。
8年ぶりの虎渓山、今回は境内の一角にある建物の屋根の葺き替えです。

1912042.jpg

この建物、あまりに奥にありすぎて、人目に触れることはほとんどないようですが。
小振りながら、なかなか凝った造りをしているのです。

1912043.jpg

などといいつつも、
工事は数ヶ月で完成。
先日引渡しとなりました。

1912044.jpg

短期間ではありましたが、本堂再建工事の事を思い出しながら過ごす事ができました。
ふたたび工事に携われた事に感謝です。
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード