2018-06-20

火に魅了される

1806201.jpg

昨日は、屋台の修理の打ち合わせで高山へ。
鍛冶屋さんの工房で面白い作業を見る事ができました。

1806202.jpg

1806203.jpg

まさに鍛冶師。
真っ赤になった鉄に釘付けです。
暫し業務を忘れて魅入っていました。

1806204.jpg

聞けば人力車の板ばねを製作してるとの事。
すごい技術を持っているもんだと感心しつつ、ふと思いました。
こんな事出来る職人があとどれだけ残っているのだろうと。
10年先を考えると不安になります。

1806205.jpg



スポンサーサイト

2018-06-11

東浦町で上棟式

1806111.jpg

前回に続き東浦町の現場です。
心配された天気も開式前には青空に。
当日の合言葉は「日頃の行い・・・」である事は、言うまでもありません。

1806112.jpg

それはともかく、
フルコースの上棟式は、掛川以来かも。

1806113.jpg

あれから5年。
大工さん達が手馴れています。
本当に頼もしくなりました。

1806114.jpg

以前は、上棟式が終わると体調を崩して数日寝込んだものですが、もう過去の話となったようです。

1806115.jpg

天気もよく、儀式もよく、めでたい上棟式となりました。

2018-06-08

明日は

180608.jpg

東浦町の現場です。
明日は上棟式。
しかし天気が微妙。
日頃の行いを信じつつ、黙々と準備に勤しみます。

続きを読む

2018-06-06

屋台の研修会

1806061.jpg

週末に半田市の亀崎で開催された屋台の研修会に参加しました。
亀崎潮干祭は平成28年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。

1806062.jpg

車山(くるまやま)は豪華な彫刻で埋め尽くされ、

1806063.jpg

緻密な金物が全体を引き締めます。
これでもかと言わんばかりの豪華絢爛。
当時のこの地域の隆盛ぶりが窺い知れます。

1806064.jpg

とはいえ、
一番興味を惹いたのは車輪。
黒松の輪切が使用されていましたが、入手が困難との事で、最近では松の集成材が使用されているとか。
このような問題は全国であり、皆頭を抱えているようです。

先人の遺産を如何に後世に伝えるか。
屋台に限った事ではありませんが、永遠のテーマです。

2018-05-14

いろいろ焦る

1805141.jpg

東浦町の現場です。
久々の本堂新築です。
ここ数年、文化財の修復工事とか商業施設とか、このような感覚を忘れてました。

1805142.jpg

あまりに久々過ぎて、いろいろ忘れていることが多々あり。

1805143.jpg

大工さんたちに迷惑をかけないうちに、早くカンを取り戻さねばと焦ります。

1805144.jpg

そうこうするうちに、ここまで進みました。
来月は上棟式です。
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード