FC2ブログ

2020-10-26

愛馬1号機復活

2010261.jpg

細々と直している愛馬1号機です。
「走る・曲がる・止まる」の不具合は解消しましたが、保安部品にトラブルが。
メーターの針が動かない事とメーターのランプが点灯しません。

2010262.jpg

とはいえ、今回はお手軽なもの。
メーターケーブル外して清掃とグリスアップと電球交換のみ。

2010263.jpg

30分程度で作業終了。
試運転で針の作動とランプの点灯を確認。
これにて愛馬1号機の復活と相成りました。
なのですが・・・。

2010264.jpg

シートが破れてかなりボロい。
これの修理は外注することにしました。
スポンサーサイト



2020-10-17

もう少し

2010171.jpg

先が見えてきた愛馬1号機です。
発注したパーツも揃ったので作業に入ります。
御覧の写真の上が新品で下が外したパーツ群。
ここまで交換するのは20年ぶりかも?

2010172.jpg

で、サクサク組付けます。
母体のパーツのヤラレ具合がいい感じです。
ここまでは順調だったのですが・・・。

2010173.jpg

フルード液のエア抜きにてこずりました。
時間は掛かったものの、なんとか完了して試運転へ。
とりあえず、「走る・曲がる・止まる」の不具合はなくなりました。
整備終了までもう少しです。

2020-10-05

ブレーキメンテ

2010051.jpg

復活途中の愛馬1号機です。
前回のテスト走行で、フロント廻りから異音が発生していたのです。
なんとなく原因は分かっていたので今回はフロントブレーキのメンテナンスとなりました。
で、バラします。

2010052.jpg

案の定、ブレーキフルードの結晶化が。
これではピストンがまともに動くはずもなく、ブレーキ固着の一歩手前といったところでしょうか。

2010053.jpg

10年以上全くメンテしていなかったので仕方ありません。
交換パーツをチェックして、発注となったのでした。
ドラムブレーキの方がメンテは楽かも?。

2020-09-18

復活の道のりはまだ遠い

2009181.jpg

復活中の愛馬1号機です。
休日に調子をみようとチョイ乗りしてみると、やっぱりおかしい。

2009182.jpg

低速でのエンジン音がおかしいのです。
キャブレターに何か詰まったのかと分解したところ、何やら黒い物体が・・・。
もしやと思い、エアエレメントを確認すると。

2009183.jpg

予感的中、エアエレメント粉砕しておりました。
整備不良が甚だしい・・・情けない限りです。

2009184.jpg

キャブレターの分解・清掃、エアクリーナーボックスの清掃とエアエレメントの交換を行い、再びチョイ乗りして様子を見ると症状は改善されました。
なのですが、他の不具合をいろいろ発覚、進行中。
まだまだ完調には程遠いのです。

2020-09-06

なんて事もなく復活

2009061.jpg

不動車になり果てた愛馬1号機です。
電装系のパーツが怪しいと思いつつも、既に廃番になっており途方に暮れる事、2週間あまり。
とはいえ、
各パーツの抵抗値は基準から外れているとはいいつつも、桁違いに違う訳ではありませんでした。
なので少し頭を冷やして、初心に戻り、
各配線の確認をしたところ、なんて事はない、コネクターが1か所外れていました。
コネクターを接続してセルを回すと、しっかり火花を確認。
ガソリン送るとあっけなくエンジン始動。
・・・もう少し涼しくなったら走りに行きましょう。
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード