FC2ブログ

2020-02-23

初乗りで課題がボンヤリみえてきた

2002231.jpg

最近、現場数にパニック気味のポンコツバイクです。
週末にいつもの部活動をするつもりだったのですが、ダイエットマシーンの愛馬3号機がバイク屋さんで修理中。
気分を変えてポンコツバイクで練習場に向かいました。
これが今年初乗りとなったのです。

2002232.jpg

だがしかし、
練習場は前日の雨でドロドロのぬたぬた。
おまけにいつも出来る事がポンコツバイクではうまくできない。
「道楽の師」に相談すると、「ちょいと乗せてみ?」ということで試乗していただきました。

2002233.jpg

師曰く、「旧車なりの乗り方をしなイカン。ほかの単車と比べてもイカン。」との事。
理屈は分かるけど・・・今年の課題になりそうです。

スポンサーサイト



2020-01-05

なんだかんだと10年突破

2001051.jpg

新年あけてもポンコツバイクです。
再生計画もなんだかんだと10年突破しました。
解体~パーツ再生・洗浄~組立までおよそ3年。

2001052.jpg

エンジン掛けるとバックしたり、タンクからのガソリン漏れなどなどの不具合を潰す作業にまた2年。
トライアンドエラーの繰り返し。
走りそうなのに走れない。
この作業は本当に堪えました。

2001054.jpg

そして、5年目にして遂に大会へ参加することができました。
とにかく楽しかったことだけ覚えています。
とはいえ、ぶっつけ本番の参加だったので、こまかなトラブルが発生。
そこから調整を数年かけて繰り返しました。

2001053.jpg

昨年は、イベント1回と4回も大会に参加することができました。
再生計画もほぼ終了と言ってもよいと思います。
公道仕様も考えましたが、なにせ45年前のバイク。
パーツの消耗が激しくなるので、年に数回のイベントや大会に参加する程度がちょうど良いのかもしれません。
ということで、今年もいろいろ遠征することになるでしょう。

2019-11-26

ふたたび京都へ遠征

1911262.jpg

今年は道楽三昧のポンコツバイクです。
週末に京都で行われた大会にふたたび参加しました。
今回はステップアップして「中級」でエントリーです。

1911263.jpg

中級とはいえターンが主体で段差は無いと聞いていたのですが・・・。
初っ端から岩越えのセクション、転倒者続出で腰が引けました。
今回は難しくなっているらしいとの事。
急遽目標を「転倒するくらいなら5点をとる」に変更。
前回と同じく関西のチームに加えて頂きセクションをまわりました。

1911264.jpg

結果は目標達成。
転倒することなく終わる事ができました。
とはいえ久しぶりにグッタリです。

1911261.jpg

これで今年のポンコツバイクの遠征活動は終了となるでしょう。
大会やイベントを通じていろいろな方と知り合う事が出来て、普段雑誌ぐらいしか見る事ができないバイクもナマで拝む事ができました。
そして最高のロケーションで走りを楽しむ事ができる。
最高であります。


2019-10-25

おシゴトとかぶる

1910251.jpg

今年はわりと出番の多いポンコツバイクです。
最近業務で古い物件に関わる機会が多いのです。
後世に残す為の保存修理工事がほとんどで、極力当初の仕様に復元する方針になります。
何も縛りがなければコストや機能、耐久性を秤にかけて工事が行われますが。

で、
ようやくポンコツバイクのお話しです。
ご覧の写真はオリジナルのリヤサスペンション。
上下の2つのスプリングを樹脂製のガイドで挟む構造で、理由はわかりませんが当時の流行りの仕様だったかもしれません。
ちなみにフロントサスペンションも同じ構造になっています。
独創的でカッコいいのですが・・・40年以上の歳月には勝てずヘタっていました。

1910252.jpg

オリジナルにこだわり、当初の性能を復活させる為にオーバーホールするのも手ではありますが。
所詮道楽、あっさり最近の仕様のサスペンションに交換してしまいました。
道楽の縛りは予算だけ。
後は全て自分の思いで再生をできるところが魅力でもあります。

とはいえ。
作業前に写真を撮って、解体したパーツに番号振って、メモしてと。
お仕事と道楽の作業がかぶってきて複雑な心境です。

2019-09-04

ダイヤの原石のはず

1909041.jpg

食いしばる奥歯がとうとう無くなったポンコツバイクです。
以前手に入れたスペアエンジンですが、少しずつバラしていく事にしました。
なのですが、ボルト類が錆び付いてなかなかパーツが外れません。
先日、特殊工具(ショックドライバー)を購入してようやく解体作業を再開しました。
で、難関だったカバーを外したのですが・・・。

1909042.jpg

何をどうすればこうなるのやら・・・。
何年も野ざらし放置されていたのでしょうか?
ヨメが以前このエンジンを見て言った言葉が頭の中に響きます。
「騙されていませんか?」と。

1909043.jpg

このエンジンを再生するのは大変ですが部品取りとしてみれば、やはり「ダイヤの原石」のはず。
見る人がみればですが。
たぶん・・・。
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード