FC2ブログ

2014-07-13

悲しき水中翼船

019と020

先日購入した雑誌です。
懐かしのティレル019。
当時のF1ブームで、唯一無二の日本人レギュラードライバーである中島悟選手が駆ったマシンです。
今から24年前。
当時は知りえぬエピソードが綴られております。
あの頃を知る人は必見。

2014-02-16

どうでもいいような話ではありますが

MP4/6

先日、諸般の事情でヨメの買い物御用達クルマで現場に向かっていた最中に、
突然エンジンが止まってしまったのです。
後続車に追突されなかったのは運が良かったのかも。
普段ほとんど乗らないので、不調に気づくのに遅れてしまいました。。
で、原因はイグニッションコイル(プラグに火花を飛ばす部品です)の不良。
問題はここからで、
ホンダの小型車なのですが、
何とプラグは8本(ツインプラグ!)。イグニッションコイルも8個ある事が判明。
自分の車はイグニッションコイルは2つ。プラグは4本です(たぶん同クラスモデルでの他2メーカーはプラグ×4、コイル×4の筈)。
さすが、エンジン屋のホンダ。
コストの掛けるポイントが違います。
ただしメンテナンスの費用が半端ないのが玉に傷・・・。

ご覧の写真はマクラーレンホンダのMP4/6(1991年)。
来年からこのタッグでの復活は楽しみでもありますが、過去の栄光再びとなるか?。


2013-09-05

FL360

無骨な感じが良し

久しぶりに鍛冶屋の安藤さんの工房へお邪魔すると、ご覧の物体が鎮座しておりました。
パッと見、仕事用のものかと思いきや、裏から見ると

N360のエンジンだとか

エンジンが載っています。
聞けばFL360というレースカテゴリーで走っていたクルマだとか。
このエンジンはホンダのN360からの流用との事。
どう見てもバイク用のエンジンにしか見えませんが。

それはそれとして。
シンプルな骨格に美を感じてしまうのです。

2013-04-11

「壊れた」のではなく、壊しそうだった

こんな感じでシンプルならよいのに

前回少し紹介したクルマの事ですが。
信号待ちなどでエンジンが止まりそうになる事がままあり。
「旧車の味がでてきたなぁ~」と最初は自分を納得させてはいたのだけれど、
さすがに頻発すると危険を感じるようになりました。
で、
ディーラーで修理をしたのです。
原因は、点火系(プラグなどなど)の部品が消耗し過ぎているとの事。
バイクに向ける時間(予算も)を少しは健気に働くクルマに向けるべきと反省。

余談ではありますが。
整備士の言葉に絶句。
「このモデルでここまで走行した物は初めてみました。このクルマ、こんなにもつんですねぇ~。」

2013-02-04

コンプリートは不可能ですが

ストラトス

何気に本屋に立ち寄り衝動買いしました。
隔週間ラリーカーコレクションの
ランチア・ストラトスです。
奇抜なデザインといい
悪趣味と紙一重のカラーリングといい
やはり魅力的なクルマです。
子供の時のスーパーカーブームを思い出しました。
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード