2018-04-09

ひさしぶりのご対面

1804091.gif

リフレシュ休日を利用して、先月末にリニューアルオープンした各務ヶ原航空宇宙博物館に行きました。
セガレに行くかと尋ねると、二つ返事で付いてくとの事。
で、今回の目玉は「飛燕」です。

1804092.gif

2年くらい前にレストアの事を知り、この日が来るのを楽しみにしていたのです。
飛燕は各務ヶ原で生産されたそうです。
零戦は結構現存しているので頑張れば見に行くことはできますが、飛燕はおそらくここだけではないでしょうか?。

1804093.gif

流線型がシビれるほどかっこいい。
エンジンはダイムラー・ベンツ社のライセンス生産との事。
そう言われると、メーッサーシュミットにそっくりにも見えます。
飛燕を堪能した後、館内の他の展示を見に行くと、嬉しい誤算がありました。

1804094.gif

T-2CCVです。
実験機ではありますが、当時この機体見たさに小牧基地まで友人と自転車で見に出かけたり(見れませんでしたが)、このプラモデルを少ないお小遣いで買うか悩んだ記憶がよみがえります。

1804095.gif

T-2というより国内では先ずお目にかかれない、このカナードと呼ばれる小さな翼に当時少年だった僕のハートは鷲掴みでした。
この博物館は侮れません。
そのうち、例の実験機も展示される日が来るかもしれません。
スポンサーサイト

2015-06-11

いいもん見ました

1506111.jpg

先日所用で滋賀県長浜市の漆屋さんの工房へ出かけました。
漆屋さんの工房で、ひとり黙々と作業をしていると何やら汽笛のような音が。

外を覗くとやっぱりSL機関車が。
1506112.jpg

モクモクと煙を上げながら、間近を走っていたのでした。
暫し見慣れぬ光景に見とれていたのです。
どうも当日限定のイベントだったようですが、インパクト絶大。
近場でもやって欲しいものです。

2014-07-13

悲しき水中翼船

019と020

先日購入した雑誌です。
懐かしのティレル019。
当時のF1ブームで、唯一無二の日本人レギュラードライバーである中島悟選手が駆ったマシンです。
今から24年前。
当時は知りえぬエピソードが綴られております。
あの頃を知る人は必見。

2014-02-16

どうでもいいような話ではありますが

MP4/6

先日、諸般の事情でヨメの買い物御用達クルマで現場に向かっていた最中に、
突然エンジンが止まってしまったのです。
後続車に追突されなかったのは運が良かったのかも。
普段ほとんど乗らないので、不調に気づくのに遅れてしまいました。。
で、原因はイグニッションコイル(プラグに火花を飛ばす部品です)の不良。
問題はここからで、
ホンダの小型車なのですが、
何とプラグは8本(ツインプラグ!)。イグニッションコイルも8個ある事が判明。
自分の車はイグニッションコイルは2つ。プラグは4本です(たぶん同クラスモデルでの他2メーカーはプラグ×4、コイル×4の筈)。
さすが、エンジン屋のホンダ。
コストの掛けるポイントが違います。
ただしメンテナンスの費用が半端ないのが玉に傷・・・。

ご覧の写真はマクラーレンホンダのMP4/6(1991年)。
来年からこのタッグでの復活は楽しみでもありますが、過去の栄光再びとなるか?。


2013-09-05

FL360

無骨な感じが良し

久しぶりに鍛冶屋の安藤さんの工房へお邪魔すると、ご覧の物体が鎮座しておりました。
パッと見、仕事用のものかと思いきや、裏から見ると

N360のエンジンだとか

エンジンが載っています。
聞けばFL360というレースカテゴリーで走っていたクルマだとか。
このエンジンはホンダのN360からの流用との事。
どう見てもバイク用のエンジンにしか見えませんが。

それはそれとして。
シンプルな骨格に美を感じてしまうのです。
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード