FC2ブログ

2009-09-18

缶コーヒーのおまけを真面目に考察する

セナの愛機たち
またも缶コーヒーのおまけです。
今回はアイルトン・セナが乗ったシリーズです。
しかし、良く出来ている。
カラーリングが同じなので「どこが違うの?」と思われがちですが、ツボはしっかり押さえてある。
マクラーレンMP4/5とMP4/5B
上の写真は89年と90年のマシンです。
1年違いのマシン、しかも前年の改良型なので、実車でもフォルムは大差ありません。
が、90年型のMP4/5B(左)は当時バットマンディフューザーなる空力パーツで話題を呼びました。
残念ながら、そこは再現されておりませんが・・・。
しかし!。
もう一度、MP4/5B(左)のノーズを良く見て下さい。
シェルの貝殻マークの2つ下に何やらカタカナで書いてあるのがお分かりでしょうか?
実はコレ、「ジャンプ」と書いてあります。
そう。
「週間少年ジャンプ」が当時、マクラーレンのスポンサーになっていました。
当時はバブルの絶頂期。
建設会社でも給料が現金支給が当たり前の時代(?)。
ボーナスがお札の厚みで「立つ」などの伝説が残る時代です。
折からの好景気とF-1ブームで漫画雑誌がスポンサーになっちゃう様な時代でした。
今から思うと「おとぎ話」のような時代ですねえ。
最後はコレ↓MP4/7(93年)
93年型のマシンです。
前年ホンダが撤退し、この年はフォードのエンジンを積んでいました。
黄色いヘルメットの下にMcLarenと書いてあるのが分かると思います。
コレは、チームの名前であるマクラーレンを表記してあります。
が、一番上の写真を見ても一台だけしか書かれてませんよね?。
他は何やらバーコードみたいになっている。
当時、マクラーレンのメインスポンサーはフィリップモリス社でした。
もうお分かりかも知れませんが、フィリップモリス社の代表銘柄と言えば「マールボロ」。
英語で書くと「MarLboro」。
この時代から「たばこは有害であるからTVなんぞに写っちゃダメ。ましてや模型ならば子供が目にする機会が多いから、尚のこと!」
てな具合で、カーラーリングだけ「マールボロ」で文字は消しちゃう。
しかし当時マクラーレンと模型契約をしていた「タミヤ」は
タミヤ:「バーコードだと模型映えがしないからMcLarenでどう?」
マクラーレン:「OK!」
これは結構有名な逸話です。

たぶん、このおまけを企画した人達は私と同世代でしょうね。
こんな缶コーヒーのおまけでもその時代をよく考察する事ができます。

缶コーヒーのおまけでこんな長文書いてよかったのでしょうか?
明日からみんなの視線が気になるなあ・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード