FC2ブログ

2009-10-23

先人の偉業に触れる

担当する現場は、紅葉の名所としても広く知られています。
11月に入ると観光客がドッと押し寄せる・・・と以前書きました。

境内に工事に関する資料室なる物が昨年より設置されています。
工事の模様を一般の方々に理解してもらう事を目的に、昨年より設置したものです(当然入館無料)。


で、もうすぐ11月です。
関係者の方々より「展示物を更新しろ!」と無言の圧力が掛かりはじめます(思い込みかも)。
私の「なりわい」は現場監督であって、物書きでもイベント屋でもないので考えこんでしまいました。

そこで御寺へ相談します。
「昔の図面などありませんか?」と、恐る恐る尋ねると。
「ありますよ」と、いろいろ見せて頂きました。

当時の大工さんが描いたであろう彫刻絵など見事な物がありますが、なにせ経年変化による紙の状態が芳しくありません。

そこで、数点の複製を展示する事に決めました。
物は素晴らしいです。
彫刻の絵様では、動物や植物など実に生き生きと描かれています。
興味のある方は展示室でご覧下さい。


ついでといっては何ですが。
今回、こんな物も展示します。↓
鬼

以前使用されていた鬼瓦です。
原型を留めていました。
およそ80年前の物で岐阜県関市にて造られた事が分かります。









スポンサーサイト
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード