FC2ブログ

2010-02-04

工芸品

筆返し
今週は現場事務所で缶詰です。
締め切りに追われる漫画家の如く
黙々と施工図と格闘していたのですが

河合銘木店の谷口さんより
「あのよう、違棚の加工の写真を今から送るから」と連絡あり。

それがこの写真です。
上の写真は「筆返し」と呼ばれる部材です。
デザインは同じですが、納得いく加工と杢柄から3本製作したとの事。

裏から見るとこんな感じです。
裏から見る

専門用語で書くと難しくなるので割愛しますが
非常に凝った細工が施されていると思ってください。
板の端部にも何か加工がしてある事に気づくと思います。
これもなかなかスゴイのです。
仕掛けはコレ↓

端喰加工

「どうしてそんな凝った細工をするの?」と思うでしょうが
相手が集成材ではなく無垢材だからなのです(ちなみに材種はケヤキ。このあと漆を塗ります)。
見た目ももちろんですが、板が反らないように工夫した先人の技術の結晶です。

「ところで、どこの部材かわからない」と思う方は下の図で探してください。
きっとどこの箇所かわかると思います。

まんが

谷口さん曰く「こんな加工する事も二度とないかも・・・」
悲しい事にこれが現実だったりするのです。


ですから、この様な経験を与えてくれる今の現場に常日頃より感謝しております。












スポンサーサイト



プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード