FC2ブログ

2010-06-17

瓦屋さんになあれ

瓦の本

先日、なけなしのお小遣いから購入した本です。
そのまんま「瓦」の本なのですが、瓦葺師さんの教科書みたいな本なのです。
ですから、人に勧めれるような本ではありません(社寺建築に携わる方は別ですが)。

ずっと以前の事ですが
「なりわいの師」や先輩に
「本(参考書や専門書)から学ぶ」事を学びました。
最初は、職人さんに馬鹿にされないように専門的な基礎知識を学ぶ為に。
最近は「資料」の為という意味合いが強いかもしれません。

社寺建築というマイナーな分野は
過去の事例から学ぶ事が非常に多いと思います。
現場で納まりや意匠で頭を抱えると、先ず本や資料を引っぱりだして調べる事から始める
というのが、ここ数年来の業務のパターンです。
で、現場事務所に揃えていないと仕事にならないので、必然的に本や資料が年々増加中。

もっとも、お財布に優しい古本が中心ではありますが。
スポンサーサイト



プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード