FC2ブログ

2011-02-23

コレが決まらねば始まらぬ

弛みを検証中

静岡県掛川市の現場です。
先週のことですが
先日加納棟梁が、1/10の縮尺で描いた本堂の軒廻りの図面を設計事務所に持ち込みました。
ご覧の写真は、屋根の流れの照りを、糸を弛ませ検証している様子を撮ったものです。
あくまで自然な曲線なので、糸で弛みを検討するのが主流のようです。
このような作業は、1000年前から変わっていないのでしょうね。

軒廻り

今回加納棟梁の意気込みが
何時にも増してスゴイ(いや、いつも人一倍熱い方ではありますが)。
「やはり垂木は居定(断面が曲線と思ってください)じゃなきゃイカン」と
設計図面で指定されていない事でも己の信念を貫き通します。


ちなみに

今回参考にしている奈良の秋篠寺を貼っときます。

秋篠寺
スポンサーサイト



プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード