FC2ブログ

2011-06-30

理想的な普請

本堂

昨日は掛川の現場に打合せに出掛けました。
御寺様方にお会いするのは4月の木材検査以来です。
主に工程や現在の木材進捗状況の報告が主でした。
現場着工は年明けから。
建方は1年以上先です。
木造の堂宮建築はスパンが長いのです。
なにせ木材の乾燥養生期間が重要です。
しかしながら、なかなかそこが理解されにくい。
木材の大きさが規格外なので、木を揃えてすぐ刻むなんて事は出来ないのです。

今回の現場では、こちらが驚くほど普請に対する理解が深く、理想的な環境を提供して頂けました。
我々造り手は
全力でそれに応えねばならないと思ったのです。

毎月恒例の
そして虎渓山最後の現場レポートを更新しました。
おヒマな時にご覧下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード