FC2ブログ

2013-05-17

歴史の痕跡

スケルトン

古民家の現場です。
解体工事が完了しました。
ご覧のように骨組みを残すだけの状態ではありますが、なかなかに興味深いのです。
柱のホゾ穴から当時の玄関の位置や開口部(窓などなど)の位置。
当時は東面に別棟が建てられていた事。
床下からは部材の仕口から一度大掛かりに改修された事も分かりました。
家の歴史を無言で語りかけてくるようでもあります。
スポンサーサイト



プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード