2014-12-23

オーバーフローがとまらない

キャブを取り外し中

久しぶりに愛馬2号機でお出かけしよかと引っ張り出すと、ガソリンがキャブレターからボタボタ溢れ出しました。
原因はなんとなく分かっていました。
以前タンクキャップを外したところ、キャップの底部がサビだらけ。

キャブの下側バラします

これはイカンとキャップにサビ止め材を塗布はしたけど、これがタンクと擦れてガソリンに混じったようです(当然サビも)。
バイク屋に持って行く事も出来ないので、初めて愛馬2号機のキャブの分解と清掃に挑戦しました。

不純物が張り付いていた

基本的にキャブの構造は、どれも大差がない事が判明。
バラす最中に原因と思われる塗膜のような物を発見除去して清掃後、組立てるとガソリンの漏れは止まりました。
結局今年も乗るよりイジる事の方が多かったような愛馬2号機。
来年こそは乗り回したいと思うのですが・・・。

スポンサーサイト
プロフィール

kuriguri

Author:kuriguri
なりわい:現場監督(社寺仏閣)
我が人生道楽三昧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード